農業資材で畑を大切に

【家庭菜園を始めよう】家庭でも使える農業資材を探そう

庭

植栽前に日当たりを把握

大阪でガーデニングするときは、夏の暑さと乾燥に耐えられる植物を選ぶことがポイントです。庭の場所によっても適応できる植物が違いますので、植える場所の日当たりを把握することもガーデニング成功の秘訣と言えます。

植物

ガーデニング初心者に推奨

ガーデニングを始めたい人にお薦めしたいのが、キク科に属するコスモスになります。実は熱帯アメリカ原産の外来種であり、明治時代に入ってきた植物ですが日本では秋桜と漢字表記されるほど馴染みが深い植物です。丈夫で育てやすいですが、水はけが良く日当たりの良い場所を用意しましょう。

害虫や寒さから苗を守る

庭

道具の使い方

農業資材は、農業やガーデニングに欠かせない重要なアイテムです。具体的な農業資材の例としては、野菜や草花の育苗に便利なポットや複数の種を植えられるトレーなどがあります。その他、茎やツルを固定する際に結んで使うロープや鉄線なども農業資材の一つです。誘引に便利なピンチやテープなどもあり、中には使用後に土に還るといった環境に優しい素材で作られているものもあります。実ができた時に虫や鳥などに食べられないように使用する農業資材がネットです。上から被せることで、日光を遮断することなく外敵から大事な作物を守ることができます。また、ネットは豆などツルを張る植物の支えにもなります。野菜や果物の中には、スイカなどのように地面に実が触れることで色付きが悪くなるものもあります。その際に便利なのがマットです。実の下に敷くことで底の部分まで綺麗に色をつけることができます。冬の寒さから苗を守ってくれるのが、透明のドーム型のカバーです。苗の上から被せることで簡易型のビニールハウスになるため、寒さを遮断することができます。また、トマトなど雨に弱い作物に被せる上部のみビニールで覆われたアーチ型のハウスもあります。使い方としては、範囲に合わせて枠を組み立ててビニールを被せるだけです。苗を植える際に使用する農業資材として、マルチやマルチ穴開け器などがあります。マルチとは、草が生えたり虫が発生するのを防ぐために地面に敷く黒いビニールシートのことです。マルチ穴開け器で苗を植える部分に穴を開けてポットで育てた苗を植えます。

草刈り

庭を綺麗にしよう

草刈は専門業者に依頼する事ができます。造園業者や草刈専門業者、便利屋などで取り扱っており、費用やサービス内容から選ぶ事ができます。依頼する前に、見積もりを依頼できる業者もあります。また、草刈だけでなく、防草対策を行う業者もあるため、問い合わせてみると良いでしょう。